ENTRIES
COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
SPONSORED LINKS

DRAMATIC WORKS

ドラマティックに日々生きる女性たち
アヤ と ジュリ そして ミコの日記。
スポンサーサイト
スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
リハ開始までもうすぐ
FISHの構想はおおまかなところは出来てきました。
ただし、昨日、中ナンバーの5.6曲に関して突如だめ!と思い立ち
ここからは冷静に焦らず差し替えていこうではないか、と自分に言い聞かせ、この週末にかけてを勝負 と決めました。

曲選びは毎回ほんとに大変であります。

でも

必ず出会う。

不思議です。

初めての参加者が多い今回のFISH

みんな不安と期待でいっぱいなのかな

一人一人を思いながら創ってるから

今あまり会えないけど

私の中では関係が深まっています 勝手に

| etc. | 18:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
1.4
年末年始にかけて、ここのところご無沙汰だったスタジオのダンサーの何人かと会って、話をする機会をとった。
みんなそれぞれの意志で、レッスン復活、そして

5月にずらしたFISHに向う。

新しいダンサーの参加も決まった。

ここから、2月のリハスタートまで、私の勝負どころ

みなさん わたしに愛を



家ではまめが寝たきり生活になり介護の日々
美しい老犬は、苛立ちと不安を訴えかける
傷ついた野性動物の保護をしている感覚になるときがある
甘い近い関係とは明らかに違い
向き合わされる感覚

まめはそんな犬だ 
| etc. | 09:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
どんより土曜
鉄の調子が戻ったと思ったら、今度は虎が全く同じ症状。鉄の時より軽いけど。
ウイルス系のものだったのでしょうか?
いわゆる「風邪」でしょうか?
そんな訳で、今日は虎のテンションが低い(気がする)
顔色が冴えない(気がする)

雪の予報を受けて、防寒対策万全にして早々の散歩へ。

決まって会う人、たまに会う人。
お年よりが圧倒的に多い。
みなさん、頑張って歩いていらっしゃいます。

駅などに行けば、高校生や大学生のような若い人達が階段を使わず、エレベーターを待っている。
こういう方々は40歳ぐらいでしっかり老人化するんだろーなと思ってしまう。


しかしほんとに!
ストーブだしてよかったです!
遅いくらいでした!
だからわたしも鉄虎も風邪ひいたと思います。
| etc. | 10:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
あれ?
昨日の予定では、今日熱が出て一日寝ているはずでした。
昨日はなんたって最悪。何をやってもどこに行ってもさんざんで、吉祥寺のクラスが終わって家に帰ったら、即座に寝るんだ!と決め覚悟していたのですが、今朝起きたら拍子抜けするはど体調は戻り、元気にパーソナルトレーニングの吉田先生のもとへ。
出された課題は着々とクリア出来ていて、また新たな課題に先生と共に取り組んでいく、という感じであります。
まだ、積極的に踊る体制にはなっていません。
故障の元は何なのか?
どんな運動がどう影響しているのか?
それをもう少し自分で納得したい。
多少神経質気味ですが、もう嫌ですから・・痛みに耐える生活。
吉田先生はどんどんいろんなこと、提案してくれます。
場所もどんどん移動します。
最後はエレベーター前のバーのように掴まれるところ。
いいですねぇ この時間はほんとに前向きに自分のからだと向き合えます。
今の私には貴重なひと時であります。
先生来週もよろしくね!
| etc. | 17:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
8・11
このブログを見てくれている総ての方々!
この暑さを乗り切って無事お過ごしですかぁ?

私は元来、夏が大好きです。
ですから、早起きもあまり苦にならないし、目覚めて青い空を見れば、ぃよしっ!という感じで・・今日も第一走者である鉄を連れて朝の散歩に出かけたのであります。

が、

あつい!!

聞けば7時ですでに30℃をこえていたとか・・
アンカーのイナとの散歩は二人してよろよろとすぐに家に引き返してきてしまいました。

お昼に用事で外出。
電車の中にいる人達、
かなりフツーでは無い感じでフライドチキン、フライドポテトをバキュームカーのように口の中に吸い込んでいるおにいさん。
よくこの暑さの中、人目を全くはばからずオイル満載の食べ物を・・ある意味凄い!
そして私の前の女子高生。投げ出した足と、まじで今にも泣き出しそうな顔が気になって、具合が悪いのか、悲しい事があったのか、と気になっていたらそのうち寝ちゃいました。

なんだか少しですけど、皆さん変、とか思っていましたが変なのは私であるに違いない。

世の中のひとびとをよくよく見ていると、汗をかいている人とほとんどかいていない人がいるんでありますね。

私は家から8分歩き、駅で3分電車を待ち、10分電車に乗り、吉祥寺で乗り換えてJRのホームに立った時点で、ほぼスッピンでした。

みなさん
お大事に。

明日は金魚たちの新作でコンペ出展です。
「こいする娼女」
魅力的に丁寧に踊ってさえくれたらそれでいい。
観る人の心をちょっとだけ揺さぶってほしい。

では!
| etc. | 19:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
映画について
かなりたくさんの映画をみていると思います。
最近は劇場で観ることはめっきり減ったけれど、ケーブルT?のおかげで思わぬ出会いをすること 多々あります。

そのひとつ・・・
霧のなかの風景  という映画
テオ、アンゲロブロスというたしかギリシャの監督のヨーロッパのもの
これはもう、私の中で確実にベスト3のどこかに入るであろうと思われます。
映像の美しさ、おはなしの進行していく時間、空気、謎だらけの不思議な情景、でも最後にすべて想像できる説得力、  心に強くささったものほど言葉にする事がむなしく思えます。

衝撃でした。
家のテレビの画面のなかに入ったところで、その映画の風景を眺めていた感じ・・・気が付けば立って観ていたのを覚えています。〔私、引き込まれるとよくあることなんです。子供みたいね)
その後すぐに、ダンス公演を観にいく予定になっており、ほぼ放心状態のまま舞台を観ました。このシチュエーションは最悪。私のこころは、完全に映画に支配されており、ダンスの現実を拒否してしまっていました。


ハリウッド映画のマシンガン的これでもか的映画に、うんざりの私にとてつもない刺激をくれた映画でした。


最近では、ロシアの映画で 父、帰る というのが結構よかったので、スタジオで話をしたら 何人かの人が興味をもってくれたみたいで 嬉しかった。

が、しかし、映画や小説などは 観た時の年齢や状況によって感じ方 全然違いますよね・・・

若いときに観た同じ作品が 今観ると全く感じ方が違ってる 



でも、今の私を知って貰うために こんな話もいいかな。
 
   
| etc. | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) |